刺青除去の有効な方法について

刺青除去の方法で現在最も主流となっている方法は切除術により刺青を消し去る方法です。

必ず切除術による手術では傷痕が残ることがあり手術を受けた直後では傷痕を気にする方もいます。

しかし傷痕は大体数ヶ月から1年をかければだんだんと目立たなくなっていきます。

刺青除去手術の際には刺青部分の皮膚とその下の脂肪層の部分を切り取っていきます。

縫合部には引っ張る力が傷痕の両側からかかりやすい傾向がありまれに状況によっては傷痕が広がる可能性もあることを留意します。

また刺青除去手術の際には刺青が入っている部分の皮膚の伸び具合を計算しながら行っていきますので、そのままの形に切除しても縫い合わせることができない点があります。

どのように刺青を消し去っていくかは手術を行う医師の技術の見せ所といえます。

お勧めの切除で刺青除去に関する情報を公開中です。

刺青の切除術の分類については大きく分けると単純切除術と分割切除術に分かれています。


文字や幅が細い刺青については単純切除術によってきれいに消し去ることができます。

また、腹部に彫った刺青については皮の代用ができやすい点から単純切除術でも除去しやすいです。

wikipediaについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

単純切除術で難しい刺青であれば分割切除術により複数回かけて手術を行うことで除去する方法が身体に負担をかけずにすむというメリットがあります。


ただ、どうしても単純切除術によって期日までに除去したいという方もいますので、そうしたときには患者の希望に合わせてやや強引に単純切除術で除去したあと縫合することもあります。



切除術で取れない刺青もあり、例として背中一面に彫った刺青などはレーザーによって刺青を焼く方法や植皮術が刺青除去方法として取られています。